予防歯科・歯周治療なら倉敷にある「クローバー歯科クリニック」

岡山県倉敷市にある「クローバー歯科クリニック」の電話番号・住所

menu
sisyu_main.jpg

歯周病とは・・・

歯周病は、細菌による感染症です。
歯と歯茎(歯肉)の隙間についた歯垢(プラーク)に中にいる細菌によって発症します。
歯肉に炎症を起こし、進行すると歯を支える骨を溶かしていきます。
統計によると、35歳で80%の人が歯周病にかかっています。
歯周病は進行するまで痛みがないため、放置しているといつの間にか歯を抜かなくてはならない状態になっていることもあります。定期検診を受けて、早期に発見し、治療を行いましょう。

歯周病の進行

sisyu_c2i1.jpg

歯周病の症状

下記の症状がある場合は要注意です。

・歯茎から出血する ・歯茎が腫れている ・口臭がある ・歯が浮いた感じがする ・歯が揺れている

歯周病の治療

歯周病が進行してしまうと、失ってしまった歯肉や骨を元の状態に戻すのは、大変困難です。
原因である細菌を取り除くこと、そして再度感染しないような口腔環境を作ることを目指して、治療を行います。

治療の流れ

sisyu_c5i1.jpg

A. 口腔内診査

歯周病の治療は、見えている歯石のお掃除から始めて、歯周ポケット内の深いところのお掃除に移っていきます。段階を踏んで治療を行う事で、侵襲が少なく、また、治療の効果も出やすくなります。
1つの治療が終わるたびに、口腔内の診査を行います。治療の効果を確認し、次の治療の有無を決定します。

B. 歯周内科

歯周内科とは、飲み薬と専用の歯磨き粉の使用により、歯周病の原因となる細菌やカビを取り除く治療法です。
歯周病の原因菌を取り除く事で、症状は緩和され、進行しにくくなります。
[方法]
1. お口の中のプラークを少量取り、位相差顕微鏡で
観察します。細菌・カビの、種類・量を確認し、
お薬を選択します。
2. 抗菌剤の服用、カビの除去薬での歯磨きをして
いただきます。
3. 次の治療の日に、再度、プラークを観察し、
薬の効果を確認します。
[その後]
薬で、歯周病の原因菌を取り除いただけでは、すぐに再発してしまいます。最近の住みかとなる、歯石を除去する治療を行う必要があります。

▲位相差顕微鏡 sisyu_c5i3.jpg

▲位相差顕微鏡

C. ブラッシング指導、歯肉より上の歯石除去・クリーニング

[ブラッシング指導]
歯周病の治療で最も重要なことは、ご自身での歯磨きです。
汚れが残っていると、その汚れを好む歯周病菌がどんどん増えてしまいます。
磨き残しのある箇所をお伝えし、使いやすい器具やブラッシング方法をお教えします。
[歯肉より上の歯石除去・クリーニング]
歯肉より上に付着している(目で見える)歯石を、超音波スケーラーという機械を使って、水を流しながら、超音波の振動で壊していきます。その後、歯の表面がザラザラしていると、再度、歯石が付着しやすいので、機械のブラシやカップで磨き、歯の表面をつるつるにします。

D. 歯肉より下の歯石除去

歯肉の下に隠れている歯石を、麻酔をかけて取り除いていきます。
手用スケーラーや超音波スケーラーを用いて行います。

E. 歯周外科

これまでの治療では、歯石が取りきれない部位に関しては、歯周外科処置をお勧めします。
歯肉をはがした状態で処置を行うので、確実に歯石を除去し、歯周ポケットをなくすことができます。
科処置というと、怖い感じがするかもそれませんが、部分麻酔で行い、1時間程度で終了します。
スッキリしない歯がある場合は、ご相談ください。

※再生療法
外科処置には、歯石を取り除き、歯周ポケットをなくす事を目的としたものの他に、失った骨を再生させるためのものがあります。歯肉をはがし、歯石をきれいに除去した状態で、特殊な薬を塗り、骨を再生させます。
この処置は、どんな歯にも適応できる訳ではないので、しっかりとした診査が必要になります。

F. 定期検診

歯周病は、大変再発しやすい病気です。
ご自身のブラッシングだけでは、どうしても落としきれない汚れが残ってしまい、再発の原因になってしまいます。
定期的に、専門的なクリーニングを行うことで、きれいな状態を維持することができます。
また歯周病だけではなく、虫歯などの早期発見にもつながりますので、
定期検診はぜひ受けていただきたいと思います。

086-441-4184

ご相談・ご質問等、お気軽にお問い合わせください!

[診療時間] 平日 9:30-13:00 / 15:00-19:30 土曜 9:30-13:00 / 14:00-16:30
[休診日] 日・祝・水曜(祝日のある週の水曜は診療)